日清GooTa デミハンバーグ麺 を食べてみた


カップラーメンなのに大判ハンバーグが入っている。そしてスープはそれとの相性抜群の「デミグラスソースをイメージ」したという謎が多いフレーバー、本日発売。これは食べない訳にはいかないではないだろうか。早速近所のコンビニで買って食べてみました。

製品の外観

デミハンバーグが入ってとっても贅沢!?

写真を見て分かるとおり、乾燥麺のど真ん中にレトルトのハンバーグが鎮座。

ふたを開けたところ

麺は日清GooTaの普通の麺。スープは、デミグラスソースをコンソメスープ等の洋風スープで薄めたような微妙な味、とろみやドロッとした感じはほとんどありませんでした。普通のラーメンとは変わった味がするのですが、味そのものはまあまあイケているんじゃないでしょうか・・・。

さて、気になるハンバーグの味は、日清のカップヌードルの謎肉を大きく、かつ柔らかくした感じでした。(インスタントに入っている肉なんてものは、やはりこんなものなのかしらん?)ふわふわとやわらかい仕上がりにしているようで、カップラーメンを食べる前のかき混ぜ作業にて、少し崩れてしまいました。ふわふわながら、若干ぼそぼそしているので、ハンバーグというよりは鍋に入れる「つみれ」に近いような気がします・・・。

食後の総括

この食べ物は、「ハンバーグとラーメンが同時に楽しめるよ!かつ贅沢ですぜ!」というコンセプトなのかもしれませんが、個人的にはラーメンはラーメン、ハンバーグはハンバーグで、別々に食べたい気もしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ著者情報

KAZ@Apocrypha
KAZ@Apocrypha
備忘録的な話題だけでなく、内容に拘らず情報発信をして行きたいと思っています。よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー