花粉とPM2.5と、時々黄砂の飛来


中国大陸からの偏西風に乗って飛来した黄砂が、九州から甲信地方にかけての広い範囲で観測され、今後は関東甲信から東北までの広い範囲で観測が予想されるとのこと。


  • 花粉(かふん)とは、種子植物門の植物のおしべから出る粉状の細胞で、粒子径が数10µm程度のもの。毎年この時期の花粉症の原因となる「スギ花粉」の粒子径はおよそ 30 µm – 40 µmぐらいだそうです。
  • 黄砂(こうさ)の粒子の大きさは、3µm – 5µm くらいで、日本に降ってくる多くの粒子径は 4µm程度のものが多い。これはタバコの煙の粒子の直径 (0.2 – 0.5µm)より大きく、人間の赤血球の直径(6 – 8µm)よりやや小さい程度だそうです。
  • PM2.5(ぴーえむにーてんご:微小粒子状物質)とは、大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5µm以下のもの。粒径が非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。
要するに、30µm – 0.5µm ぐらいの悪さをする粒子が、今週末から日本をやんわりと覆い尽くすというわけです。目も鼻もムズムズして、せっかく洗車しても砂だらけになり、そして、肺がヤバイ状態となるわけです。とりあえずここしばらくの間は、マスク着用が必須となりそうですね。呼吸器系やアレルギー系の疾患がある人は、特に気をつけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ著者情報

KAZ@Apocrypha
KAZ@Apocrypha
備忘録的な話題だけでなく、内容に拘らず情報発信をして行きたいと思っています。よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー