WordPress を Twitter と連携させてみた


WordPress の投稿公開と同時に、記事の更新を、Twitter へ自動的につぶやけるように、WordPress のプラグイン「Simple Tweet」を使用して、連携ができるように設定をしてみようと思います。

Simple Tweet プラグインを利用する

WordPress のプラグイン「Simple Tweet」は、WordPress の投稿を、Twitterにツイートしてくれるプラグインです。国産のプラグインで非常に使い易く、かつメンテナンスもマメに行われているようですので、ポピュラーなプラグインのようです。


プラグインが無ければ始まりませんので、WordPress の管理画面のプラグイン検索から、「Simple Tweet」を検索して、このプラグインのインストールを行なってしまいます。(説明は割愛)

OAuthの設定

はじめに、Consumer Key と Consumer Secret の取得を行います。まずは、「Simple Tweet の設定」ページを開いて、「Twitter にアプリケーションを登録する」のハイパーリンクを開きます。

setting1

リンクを開いた先で、Twitter へログインするとアプリケーションを登録するページが開きますので、右側の「Create a new applecation」ボタンをクリックします。

setting2

「Create a new applecation」ボタンをクリックすると、アプリケーションを登録するフォーム画面が開きますので、ブログの情報を入力します。(Name:ブログの名前など、Description:ブログの内容など、Website:URL、同意にチェック、画像認証)全て入力したら、「Create your Twitter application」をクリックします。

setting3


アプリケーション登録が完了します。この画面の、Consumer key と、Consumer secret をコピーしておきます。また、Settings を開いて、Application Type の Access を確認し、「Read and Write」になっていない場合には変更をしておきます。

setting4-1
setting4-2


「Simple Tweet の設定」ページに戻り、さきほどコピーしておいた Consumer key と、Consumer secret を入力して、「設定を更新」ボタンをクリックして設定をします。

setting5

上記の Consumer key と、Consumer secret を入力して設定後、WordPress の「あなたのプロフィール」画面を開くと、「Simple Tweet の設定」が追加されていて、「Twitter OAuth」の項目が増えていますので、「アカウントを承認するためにリンクをクリックして Twitter に移動します。」のハイパーリンクをクリックします。

setting6

Twitter のアカウントを入力し、「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。認証が行われると、7桁のPINコード(数字)が表示されますので、メモしておきます。

setting7
setting8

メモしたPINコードをPIN欄に入力して プロフィールの設定を更新します。これで Twitter との連携のための設定は完了です。

setting9

ここまでの設定で、Twitter との連携ができると思います。

Twitter への投稿設定

「あなたのプロフィール」画面より、Twitter への投稿に関しての設定が行えます。

setting10

後はエンジョイするだけ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ著者情報

KAZ@Apocrypha
KAZ@Apocrypha
備忘録的な話題だけでなく、内容に拘らず情報発信をして行きたいと思っています。よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー