WordPress の wp-config.php をドキュメントルートから退避


WordPressをインストールしたディレクトリには、wp-config.php ファイルがありますが、これは WordPressの環境設定を行なう非常に重要なファイルです。
php のスクリプトファイルなので、ブラウザ等で普通にアクセスされたとしても、中身は見えないのですが、データーベースの接続情報等がそのまま書かれているファイルなので、ドキュメントルートに置いとくのは少し怖いですね。
まぁ、設定ミス等で中身が丸見えになることは、万が一にも無いと思いますが、移動させるのは大した手間じゃないようですので、移動させることにしました。

wp-config.php を上の階層へ移動させる

WordPress Codex 日本語版には、以下の様な記載がありました。デフォルトで、wp-load.php と同階層に wp-config.php がなければ1つ上の階層を見に行ってくれるようですね。

wp-config.php ファイルを、WordPress をインストールした階層の一つ上に移動することができます。ウェブスペースのルートにインストールしている場合、wp-config.php をウェブルートの外側に格納できます。wp-config.php が、WordPress (wp-includes のある場所) インストールの一つ上のディレクトリに格納できることに注意してください。また、あなた (とウェブサーバー) だけがこのファイルを閲覧可能 (通常はパーミッション400または440) にしてください。(WordPress Codex 日本語版)

どうやら、wp-config.php ファイルを、WordPress をインストールした階層の一つ上に移動するだけで良いようです。あぁッ!なんて簡単な作業!

mv /path/to/wordpress/wp-config.php ../

注意しなければならないこと

上の階層にwp-config.phpを移動できるのはWordPress 2.6からだそうです。また、一部のプラグインでは動作しない場合もあるようですので注意が必要とのこと。念のため全てのプラグインが動作するか確認しておいたほうがよさそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ著者情報

KAZ@Apocrypha
KAZ@Apocrypha
備忘録的な話題だけでなく、内容に拘らず情報発信をして行きたいと思っています。よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー