Twitterが「とても洗練された攻撃」を受けたようです


Twitterの公式ブログによる発表では、「調査の結果、ユーザー名、メールアドレス、セッションIDや暗号化されたパスワードなど、約25万人のユーザー情報にアクセスされた可能性がある」とのことで、攻撃に晒された可能性のある該当アカウントに対しては、Twitterからパスワードのリセットが掛けられ、これまでのパスワードでは利用ができなくなっているとのこと。

対象のアカウントは「Twitter初期の頃に作成したアカウント」であることが多い、という傾向があることも判明しているらしいので、初期ユーザーのパスワードのデータには何らかの脆弱性がある可能性もあります。


いずれにしても、パスワードはできるだけ複雑なものとし、パスワードの使い回しや、他のサービスと同じパスワードを利用するのは絶対に避けましょう・・・。自分はTwitterやってないので、いまさらですが「始めてみようかな?」と思っていた所なのですが、またやるタイミングを逸してしまうのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ著者情報

KAZ@Apocrypha
KAZ@Apocrypha
備忘録的な話題だけでなく、内容に拘らず情報発信をして行きたいと思っています。よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー